広島県の島々

御手洗最大の茶屋『若胡子屋』跡


 若胡子屋は『大崎下島・御手洗』地区に現存する江戸時代の茶屋(遊郭)跡で、写真はその内部を撮影したのもです。 (※現在は、建物崩壊の危険性があるため閉館中) 
※現在は補強工事が済み、内部に入る事ができます。 2012.11.15 追記
 江戸時代の御手洗は、北前船や参勤交代中の諸大名等が立ち寄る『風待ち潮待ち』の港として栄え、幕府の公用船が停泊する港にも指定されていました。その繁栄の背景には広島藩から許された茶屋4軒(若胡子屋・藤屋・境屋・海老屋)の存在が大きく、中でもこの若胡子屋は、最盛期に100人以上の遊女を抱えていたといわれています。
 この地域の茶屋の特徴は、オロチョ舟という小舟で停泊船に近づき、船後家(船乗りの一夜妻)という独特の手法と心構えで船乗りたちの旅の疲れを癒していたことと、ここの遊女たちの教養の高さです。なんでも江戸の吉原や京都の島原と同等の教養を備えていたそうですが、各藩の大名や重役、その他の知識人を多く相手にしていたことを思うと、高い教養が必要になることもうなずけますよね。
Nakagawa
◎Shima Project Web.をまだ観ていない!!という人はコチラ → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 大崎下島・御手洗の軒先に花を飾る活動

    大崎下島

    島の記憶 190 ー大崎下島・御手洗ー

    さくら部という女性有志によって行なわれている軒先に花を飾る活動。…

  2. 広島県の島々

    中谷さん所の『みかん』と『れもん』

    大崎下島の大長地区にある『加島缶詰工場跡地』近辺にある倉庫で、…

  3. 広島県の島々

    いざ決戦へ!!!!!

    一日の役目を終え、港で静かに明日の出番を待つ漁船達。我らが日本…

  4. 大崎下島

    うつろい

    大崎下島の柿は味良く樽柿と称され、明治の頃は少量が販売されてい…

  5. 広島県の島々

    俯瞰

    穏やかな海に浮かぶ島を見下ろす。島の山はもちろん、沿岸部の山か…

  6. 広島県の島々

    明治という時代

    日清戦争直後に敵艦隊の広島湾侵入を阻止するため、島々に砲台が築…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 岩城島

    島の記憶 264 ー岩城島・岩城港ー
  2. 百島

    道筋
  3. フォトムービー

    御手洗フォトムービー
  4. 未分類

    残暑
  5. お知らせ

    ブログ開設しました。
PAGE TOP