広島県の島々

御手洗最大の茶屋『若胡子屋』跡


 若胡子屋は『大崎下島・御手洗』地区に現存する江戸時代の茶屋(遊郭)跡で、写真はその内部を撮影したのもです。 (※現在は、建物崩壊の危険性があるため閉館中) 
※現在は補強工事が済み、内部に入る事ができます。 2012.11.15 追記
 江戸時代の御手洗は、北前船や参勤交代中の諸大名等が立ち寄る『風待ち潮待ち』の港として栄え、幕府の公用船が停泊する港にも指定されていました。その繁栄の背景には広島藩から許された茶屋4軒(若胡子屋・藤屋・境屋・海老屋)の存在が大きく、中でもこの若胡子屋は、最盛期に100人以上の遊女を抱えていたといわれています。
 この地域の茶屋の特徴は、オロチョ舟という小舟で停泊船に近づき、船後家(船乗りの一夜妻)という独特の手法と心構えで船乗りたちの旅の疲れを癒していたことと、ここの遊女たちの教養の高さです。なんでも江戸の吉原や京都の島原と同等の教養を備えていたそうですが、各藩の大名や重役、その他の知識人を多く相手にしていたことを思うと、高い教養が必要になることもうなずけますよね。
Nakagawa
◎Shima Project Web.をまだ観ていない!!という人はコチラ → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 大崎下島

    ミカド島

    写真は大崎下島・久比から三角島を撮影したもの。以前、黒川が書い…

  2. 大崎下島

    島の記憶 62 ー大崎下島・歴史の見える丘公園ー

    初めて訪れた頃に比べ、随分と観光客が増えた気がする。橋と船で繋がる…

  3. 広島県の島々

    岡哲商店のコロッケ

    しおまち商店街と書かれた耕三寺側のアーチをくぐって少し歩いた所…

  4. 広島県の島々

    小さな先客

    写真左が福山市、右が田島、その間に架かるのが内海大橋です。昨年…

  5. 広島県の島々

    海路ならでは

    常石港(福山市沼隈町)から福田港(百島)まで、約10分間の船旅…

  6. 広島県の島々

    橋が架かって②

    本州と島、そして島と島を繋ぐ橋。過日僕が感じたように、島民・島を訪…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 沖家室島

    島の記憶 227 ー沖家室島・本浦ー
  2. 百島

    ともしび
  3. 大崎下島

    手作
  4. 大崎上島

    5階建て
  5. 柱島

    収穫
PAGE TOP