横島

睦橋

内海町を構成する田島と横島は、坊地ノ瀬戸を跨ぐ新睦橋で陸続き。
1979年に完成した橋の横島側にある町内で唯一の信号機が、島内の交通量を物語る。

新睦橋の下を歩いてみると、1951年に完成した睦橋の痕跡があった。
橋は機械操作で一部を跳ね上げる開閉橋で、当時は瀬戸内海唯一の物だったという。

陸続きだった島の間に航路を作り、そこへ架橋する経緯は興味深い。
本土への定期船発着もあったこの辺りの歴史は、町の要衝の歴史でもあると感じた。

NAWATA

◎島プロジェクト  → https://www.shimaproject.jp/



関連記事

  1. 横島

    島の記憶 297 ー横島ー

    横島桟橋の近くを歩いている時、ふと見上げると軒下に尾道行きの案…

  2. 横島

    島の記憶 298 ー横島ー

    十五夜に始まり、春の彼岸までと言われた海苔の養殖。海の栄養不足…

  3. 横島

    島の記憶 249 ー横島ー

    真言宗徒が多いという内海町。田島で島内全域を巡る島八十八か所の…

  4. 横島

    島の記憶 247 ー横島・地蔵鼻ー

    空気が冷え始めた夕暮れの中、色づいた田島の高山を背景にして坊地…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 広島県の島々

    明治という時代
  2. 大崎下島

    昭和の日
  3. 三角島

    停滞
  4. 因島

    バス停の椅子
  5. 浮島

    島の記憶 61 ー浮島・江ノ浦ー
PAGE TOP