岡村島

島の記憶 246 ー岡村島ー

意匠豊かな集落を抜け、仄かに香る柑橘の匂いを感じながら上へ上へと進む。
視界が広がった所でふと腰を下ろしてみると、駆け足になった時間が正常に戻っていく気がした。

Nakagawa

▼岡村島についてはコチラをどうぞ
◎岡村島レポート → https://www.shimaproject.jp/Report12-Okamurajima.html

◎Shima Project Web. → https://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → https://www.facebook.com/shimaproject



関連記事

  1. 岡村島

    島の記憶 116 ー岡村島・岡村港ー

    大三島へと洋上をゆったり進むフェリーみしま。それに主人が乗船している…

  2. 岡村島

    島の記憶 245 ー岡村島・乗越海岸ー

    海沿いの道に立つと懐かしい匂いがした。見ると足下の浜辺に白粉花…

  3. 岡村島

    まるせきカフェ

    とびしま海道で寄って欲しいお店のひとつ「まるせきカフェ」。地域お…

  4. 岡村島

    鏝絵

    鏝絵(こてえ)とは漆喰装飾のことで、左官が壁塗り道具のコテを使…

  5. 岡村島

    島の記憶 63 ー岡村島ー

    雁木を足場に海へ張り出して建てられた四阿は、港が見渡せる気持の…

  6. 岡村島

    島の記憶 164 ー岡村島ー

    年明けから春先までに収穫する柑橘類を『晩柑』とよぶ。その多くは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 似島

    標語看板
  2. 豊島

    島の記憶 199 ー豊島・小野浦ー
  3. 生口島

    瀬戸田サンセットビーチの夕日
  4. 百島

    僕らのカープ
  5. 阿多田島

    ひといき
PAGE TOP