岡村島

島の記憶 246 ー岡村島ー

意匠豊かな集落を抜け、仄かに香る柑橘の匂いを感じながら上へ上へと進む。
視界が広がった所でふと腰を下ろしてみると、駆け足になった時間が正常に戻っていく気がした。

Nakagawa

▼岡村島についてはコチラをどうぞ
◎岡村島レポート → https://www.shimaproject.jp/Report12-Okamurajima.html

◎Shima Project Web. → https://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → https://www.facebook.com/shimaproject



関連記事

  1. 岡村島

    島の記憶 162 ー岡村島ー

    集落と瀬戸内海が一望できる島の方に教えて貰ったビューポイント。…

  2. 岡村島

    島の記憶 34 ー岡村島・岡村港ー

    各々の仕掛けを引き上げながら、「どうね」と掛け合う声。夕刻どきの岡…

  3. 岡村島

    瀬戸内の秋

    先日、レモンやミカンの初出荷の様子がニュースで流れた。店頭にはさっ…

  4. 岡村島

    シーズンイン

    今日は二十四節気でいう寒露にあたる。朝、草花に露が見られる頃という…

  5. 岡村島

    島の記憶 71 ー岡村島・乗越海岸ー

    瀬戸内海国立公園指定の観音崎は梅や桜の名所。遊歩道が整備され、…

  6. 岡村島

    島の記憶 8 ー岡村島ー

    明治後期に始まり、92年続いた塩の専売制度。島の路地でよくみか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 岡村島

    鏝絵
  2. 大崎下島

    季節の贈り物
  3. 平羅島

    島の記憶 40 ー平羅島ー
  4. 未分類

    展望
  5. 岡村島

    島の記憶 116 ー岡村島・岡村港ー
PAGE TOP