お知らせ 大崎下島

第35回 豊町七夕納涼祭

投稿日:

豊町七夕納涼祭の花火
豪雨災害が起きて以降、各地で花火大会が中止された。
致し方ないと理解しつつも、「こういう時だからこそ。」という思いが常にあった。

そんな中、大崎下島から嬉しい報らせが届いた。『第35回 豊町七夕納涼祭』の開催だ。
開催に至っては様々な意見があったと思うが、例年通り開催する意義は大きいように感じる。

小長港前の広場に会場を設け、様々なイベントと約2000発の花火が打ち上がる納涼祭。
暑さ対策だけは万全に、夜空に浮かぶ火の花を楽しんでほしい。

Nakagawa

◎第35回 豊町七夕納涼祭http://www.tobishima-kaido.net/information/4280.html

・日時 > 8月4日(土)18時~(花火は20時30分~21時)
・場所 > 大崎下島 小長港フェリーターミナル前広場

※23時~翌朝6時まで豊浜大橋手前は通行止め

◎宿泊を検討される場合はこちら旅籠屋 醫(くすし)
こちらに連絡されると、まだ間に合うかもしれません。

◎Shima Project Web. → https://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → https://www.facebook.com/shimaproject



アドセンス

アドセンス

-お知らせ, 大崎下島
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

桜咲く天満宮

写真は大崎下島の御手洗地区にある天満宮。 参道を囲うように植えられた桜並木が、春には見事な桜回廊を作り上げます。 ここには菅原道真が口を漱いだとされる『菅公の井戸』があり、 その逸話が御手洗という地名 …

島のおばあちゃんの車 『安芸灘』篇を公開しました。

荷物運びや散歩のお供にと、島のおばあちゃんの相棒ともいえる存在。 島ごとに、それぞれ特徴が異なり、似ているようでも、個々に独特の風合いを感じる、 そんな島のおばあちゃんの車の第2弾となる『安芸灘』篇を …

平成の高燈籠

大崎下島の御手洗にある、高さ6.18mの高燈籠。 平成と江戸後期に建てられたものが各1基あり、 写真の白い高燈籠が、平成に建て替えられたものになります。 それにしてもこの平成の高燈籠。遠くから眺めてい …

大長みかんの菊みかん

菊みかん

柑橘農家の間では、表面に凹凸があるみかんを『菊みかん』と呼ぶ。 ヘタの反対側が菊の花のように見えることが由来だそうだ。 日照りが続き、時折、恵みの雨が降る。そんな天候が繰り返されることで出来る偶然の産 …

旬の味『大長みかん』

大崎下島の大長地区を訪れてからもう1年が経ったのかと驚くばかりですが、 今年も中谷柑橘農園の中谷さんから美味しいみかんをたくさん頂きました。 柑橘類が苦手な娘も中谷さんのみかんは別のようで、去年同様に …

検索

◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。
Since 2009 / Copyright & Photograph by Shima Project member / All Raight Reserved.