大崎下島

土産

投稿日:

とびしま海道を巡る時、都合がつけば立ち寄る場所がある。
道路に面した倉庫の一角に店があり、柑橘のジュースを飲むのが決まりだ。

この日は詰め放題にも挑戦。2kg入るという袋を受取り並ぶ柑橘類に臨む。
係のお爺さんに薦められるままに色んな種類を詰めてゆく。

丁寧な品種の説明を受けて、あれこれ試食をして大満足で大長を後にする。
しかし帰宅時には、どれがどれだか分からなくなっていた。

NAWATA

◎島プロジェクト  → https://www.shimaproject.jp/



アドセンス

アドセンス

-大崎下島
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

錆びた魂

物には魂が宿るという教えが、かつてこの国にあった。 消費することが豊かさの象徴となってしまった今では、物を大切する教えも説得力に欠ける。 東日本大震災以来、いろいろな事が変わった。 変わらざるを得ない …

続・中谷さんからいただいた『みかん』と『れもん』

左が、以前書いたようにその芳醇さに驚いた宝韶寿(ほうしょうじゅ)という『れもん』。 そして右が、お裾分けした先からも大絶賛された『みかん』です。 説明しなくてもわかりますね(笑) でもこのみかん、実は …

大長の長雁木

大長の長雁木といえば、潮の干満に左右されることなく荷物の積み降ろしができるように、 人工で造られた入り江『北堀』と『南堀』の一部に石で築かれた階段状の護岸で、 大正・昭和とみかん栽培が最も盛んだった頃 …

昭和の日

軒下に並べられた額に収まるのは昭和のスター。 その肖像画が店内外、隣接する画廊にと溢れんばかりに飾られているここは、 久比にある雲雀座というお好み焼き屋で、一目で伝わる主人の熱中ぶりが気持ち良い。 亡 …

大長みかんの菊みかん

菊みかん

柑橘農家の間では、表面に凹凸があるみかんを『菊みかん』と呼ぶ。 ヘタの反対側が菊の花のように見えることが由来だそうだ。 日照りが続き、時折、恵みの雨が降る。そんな天候が繰り返されることで出来る偶然の産 …

検索

◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。
Since 2009 / Copyright & Photograph by Shima Project member / All Raight Reserved.