大崎下島

土産

投稿日:

とびしま海道を巡る時、都合がつけば立ち寄る場所がある。
道路に面した倉庫の一角に店があり、柑橘のジュースを飲むのが決まりだ。

この日は詰め放題にも挑戦。2kg入るという袋を受取り並ぶ柑橘類に臨む。
係のお爺さんに薦められるままに色んな種類を詰めてゆく。

丁寧な品種の説明を受けて、あれこれ試食をして大満足で大長を後にする。
しかし帰宅時には、どれがどれだか分からなくなっていた。

NAWATA

◎島プロジェクト  → https://www.shimaproject.jp/



アドセンス

アドセンス

-大崎下島
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

季節外れの黄砂

昨年11月に大長に訪れた時、季節外れの黄砂に見まわれた。 せっかくの晴れ模様も、黄砂の影響で全体的に色褪せたように見えるが、 大正や昭和のイメージが強い大長には、それが程よく調和しているようにも感じた …

巨大みかん!?

大長港で『さすが柑橘王国』と思わせるオブジェを発見した。 用もないのに入りたくなる。そんな電話ボックスだ(笑) Nakagawa ◎島プロジェクトホームページに『大崎下島 大長』を追加いたしました。 …

島の記憶 213 ー大崎下島・沖友ー

海沿いの道から外れて、集落の入口とも言える場所に歴史が刻まれたような壁がある。 触れてみたくなるような壁板に打ち付けられた言葉。立ち止まって一つ一つを丁寧に拾った。 NAWATA ◎島プロジェクト → …

大長の長雁木

大長の長雁木といえば、潮の干満に左右されることなく荷物の積み降ろしができるように、 人工で造られた入り江『北堀』と『南堀』の一部に石で築かれた階段状の護岸で、 大正・昭和とみかん栽培が最も盛んだった頃 …

橋上

安芸灘大橋、蒲刈大橋、豊島大橋、豊浜大橋。とびしま海道の橋を渡り大崎下島へと向う。 橋上は視界が利かないほどの濃霧。どうなることかと、一日の予定に気を揉んだ。 大長では朝から欠航が続いていると聞き、橋 …

検索

◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。
Since 2009 / Copyright & Photograph by Shima Project member / All Raight Reserved.