伯方島

開山

桜と瀬戸内の眺望で有名な伯方島の開山。元の名は沖浦山という。
山が大々的に開墾されたことで、いつしか開山と呼ばれるようになった。

開墾は島内にある耕地の少なさを見かねた島の有力者によって行われた。
一時荒廃するが、島外から新たな有志が現れ除虫菊栽培が始まる。

桜は観音堂への寄進寄贈で増えたというから、常に人が関わってきた山。
それが現在も続くおかげで、公園として楽しむことができている。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/



関連記事

  1. 伯方島

    昭和のかをり

    島に限らず、こういった味のあるモノを見つけると何だか嬉しくなる…

  2. 伯方島

    跡地

    島嶼部に多くあった塩田の中でも伯方島の物は最大規模だった。…

  3. 伯方島専売局事務所

    伯方島

    痕跡

    昭和初期の繭価暴落を境に芸予諸島でも一気に広まった葉タバコ栽培。…

  4. 伯方島開山のつつじ

    伯方島

    島の記憶 224 ー伯方島・開山ー

    千本桜で有名な開山。早咲きの桜の代わりにと艶やかな山ツツジが満開に…

  5. 伯方島

    命がけの往来

    伯方島の有津(あろうず)と鵜島の間の狭い海峡を『船折瀬戸(別名…

  6. 伯方島・鉾山眺望

    伯方島

    島の記憶 230 ー伯方島・鉾山ー

    海抜304mの鉾山。東伯方では宝股山と書き、どちらも『ほこさん』と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


 

最近の記事

  1. 鹿島大橋
PAGE TOP