大崎下島

島の記憶 213 ー大崎下島・沖友ー

投稿日:2018年2月12日 更新日:

海沿いの道から外れて、集落の入口とも言える場所に歴史が刻まれたような壁がある。
触れてみたくなるような壁板に打ち付けられた言葉。立ち止まって一つ一つを丁寧に拾った。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/



アドセンス

アドセンス

-大崎下島
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

秋到来

「大崎下島で柑橘類の収穫が始まった。」 そんなニュースを耳にし、瀬戸内に秋が到来したことを実感する。 ゲシと呼ばれる石積みの段々畑に実ったみかんやレモンが色づき始め、 最盛期に及ばないまでも、島をゆっ …

島の記憶 103 ー大崎下島・大長ー

昭和59年の本に記載されていた大長への行き方では、フェリー・高速船・水中翼船が選べる。 手段がクルマへ変わり、人の動きは緩やかになったのか。長閑な空気が流れていた。 NAWATA ◎島プロジェクト → …

豊町七夕納涼祭の花火

第35回 豊町七夕納涼祭

豪雨災害が起きて以降、各地で花火大会が中止された。 致し方ないと理解しつつも、「こういう時だからこそ。」という思いが常にあった。 そんな中、大崎下島から嬉しい報らせが届いた。『第35回 豊町七夕納涼祭 …

沖友の櫂伝馬

大崎下島・沖友に残る2杯の櫂伝馬を見せてもらった事がある。 軽自動車で連れて行ってもらった艇庫には2杯の櫂伝馬が眠っていたが、 昔は3杯の櫂伝馬があったそうで、しばしその話を聞かせてもらった。 3杯の …

島の記憶 57 ー大崎下島・沖友ー

とびしま海道を走り回った一日。日没も過ぎて予定を終える頃、音も無く雨が降ってきた。 人通りの途絶えた道に家々の明かりが落ちる。島にいると忘れていた夜の入口がよく分かる。 NAWATA ◎『卓上カレンダ …

検索

◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。
Since 2009 / Copyright & Photograph by Shima Project member / All Raight Reserved.