倉橋島

島の記憶 206 ー倉橋島・藤脇ー

投稿日:

倉橋島の音戸町藤脇にある住田醤油店
藤脇・釣士田バイパスから眺めた町並みが面白く、引き寄せられるように訪れた両集落。
海岸線をゆるゆる進みながら見つけたのものは、地域に根ざした島の醤油屋さんだった。

Nakagawa

◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → http://www.facebook.com/shimaproject



アドセンス

アドセンス

-倉橋島
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

櫛比

南北に天然の良港を持つ鹿老渡の歴史は、倉橋本島から36人が移住したのが始まり。 砂州上に集落を築き、風待ち潮待ちの沖乗り航路の港町として栄えた。 南の下浦と北の日ノ浦を繋ぐ南北の道と、その中央に交わる …

島の記憶 146 ー倉橋島・鹿老渡ー

参覲交代の海路の中継地として、江戸中期に整備されたという鹿老渡集落。 入り組んだ路地を歩く時のワクワク感はないが、整然とした集落を歩くのは気持ちがよい。 Nakagawa ◎Shima Project …

町界

港に沿って広がる家々の屋根。一つの集落のように見えて実は違う。 中央に流れる川を境に北側が藤脇(ふじのわき)、南側を釣士田(りょうしだ)という。 川は旧音戸町と旧倉橋町の境で、2011年3月に開通した …

桂浜

遣唐使船を作ったとされる本浦は古くから栄えた造船の地。 修理もできるからか、遣新羅使等の寄港地の一つに選ばれていたようだ。 遣唐・新羅使の寄港地は正史に無いが、それを伺わせる物は残っている。 万葉集に …

夏一直線。

寒く長い冬が終わり、春が来たと喜んだのも束の間、あっと言う間に夏になったかのような気温。 一ヶ月前倒しのクールビズも手伝ってか、今日は半袖姿もよく見かけ、さらに夏の様な感覚に。 節電が昨年以上に叫ばれ …

検索

◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。
Since 2009 / Copyright & Photograph by Shima Project member / All Raight Reserved.