能美島

往還

沖地区の海沿いの道は快適。しかし集落を遠く感じてどこか寂しい。
理由は山腹を通る県道36号線が、かつての主要道路だったから。

県道は江戸時代に往還と呼ばれた道をほぼ踏襲しているという。
上り下り、右へ左へ。起伏ひとつひとつに理由がありそうに思える。

ぽつぽつと元商店が並ぶ道は、クルマを使わずゆっくりと歩きたい。
立ち止まり眼下に広がる海を眺めたり、往時を思い描きながら。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/



関連記事

  1. 能美島

    島の記憶 145 ー能美島・美能ー

    外港の東側の砂浜は、それと引き換えに行われた港湾工事が及ばなか…

  2. 能美島

    発展

    小古江(おぶれ)にある塩竈明神社前から眺める大原湾。深く湾…

  3. 能美島

    島の記憶 129 ー能美島・大附ー

    三高港から自転車で島を南下。大原湾の入口で、徒歩では躊躇う道程…

  4. 能美島

    美能

    江戸時代中頃、塩田を開拓した際に潮止め堤を築き、それを強化する…

  5. 能美島

    沖浦

    沖浦とは戦国時代末から現れる地名で、能美島の西に並ぶ是長・畑・…

  6. 能美島

    島の記憶 193 ー能美島・岡大王ー

    小さな案内板を頼りに反るような坂を登ると、一本で鎮守の森を成し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 倉橋島

    櫛比
  2. 柱島

    Reporto&Photo Galleryに『柱島』を追加しました。
  3. 伯方島

    島の記憶 257 ー伯方島・宝股山ー
  4. 似島

    島の記憶 82 ー似島・似島港ー
  5. 似島

    かい
PAGE TOP