豊島

島の記憶 196 ー豊島・豊島港ー

投稿日:2017年10月2日 更新日:

豊島・豊島港で第八同栄丸
「おいちゃん、ちょっとごめんのー。」と船員さん。「ありゃ邪魔じゃったかいの」とお爺さん。
焦るでもなく、急かすでもなく。ゆったりとしたやり取りが微笑ましい島の朝。

Nakagawa

◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → http://www.facebook.com/shimaproject



アドセンス

アドセンス

-豊島
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

豊島と家船(えぶね)

いまでは生活できるような設備がそろった漁船自体も家船(えぶね)と呼ぶようだが、 もともとは船を住居とした漂流漁民の総称で、本拠地を中心に周辺海域を移動しながら、 仲間とともに漁をおこなっていた人々のこ …

藍色

以前より見てみたかった襤褸(らんる)。その展示があることを知り、出かけた。 日本の『もったいない』の精神が生んだ物であり、海外では『BORO』の名で美術的評価もある。 傷んだ布を維持するため、表からは …

斎島へ

豊島港から高速艇で25分の離島『斎島』(いつきしま)。 アビ漁が盛んだった頃には、500人以上が暮らしていたそうですが、現在は16人のみ。 「アビの里いつき」という宿泊もできる施設はあるものの、現在は …

風物詩

干し柿は渋柿を使う。この時期になると祖母がよく作っていたのを思い出す。 1個1個、皮を剥き。さっと湯通ししたら、紐で結ぶ。 風通しの良い所へ吊るし、途中手もみをなどを施しながら待つこと約2~4週間。 …

豊島・小野浦港

島の記憶 194 ー豊島・小野浦ー

天気の良い暖かな日に豊島を散策すると、島のあちこちで見かけるこんな風景。 ゆったりと時間を共有しているような後ろ姿が、豊島に来た。というキモチにさせてくれる。 Nakagawa 豊島・小野浦集落の散策 …

検索

◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。
Since 2009 / Copyright & Photograph by Shima Project member / All Raight Reserved.