豊島

天草

港の隅に心太(ところてん)や寒天の原料となる天草を干す風景。
これで数軒分。夕方にそれぞれの家から人が取り込みに現れた。

傷んだ部分や不純物と取り去る下準備作業が面倒だとお婆さん。
しかし自分で作っていると、もう買った物は食べられないという。

当たり前のように手間ひま掛けて、食べるものを作る素晴らしさ。
暑かった西日本。この夏はより一層美味しく感じられたのでは。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/



関連記事

  1. 豊島

    島の記憶 50 ー豊島・小野浦ー

    島といえば漁業というイメージがあるが、実際ここまで船が居並ぶの…

  2. 豊島

    十年

    広島県6島と愛媛県1島の7島を7本の橋で結ぶ安芸灘とびしま海道…

  3. 広島県の島々

    豊島と家船(えぶね)

    いまでは生活できるような設備がそろった漁船自体も家船(えぶね)と呼…

  4. 広島県の島々

    立夏

    今日は立夏、暦の上では夏が始まる日。寒い日が続いたせいか、5月…

  5. 広島県の島々

    豊島大橋

    8つの橋で結ぶ「安芸灘諸島連絡架橋」のひとつ『豊島大橋』(3号橋、…

  6. 豊島

    駐車

    使い続けることで生まれるヤレや、修理修復された痕跡、使いやすく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 阿多田島

    団地
  2. 似島

    代役
  3. 生口島

    ご当地産ジュース『レモンの風』
  4. 生口島

    島の記憶 26 ー生口島・瀬戸田町福田ー
  5. 広島県の島々

    思い出の味
PAGE TOP