沖家室島

気概

投稿日:2017年7月13日 更新日:

石が細かくて色が濃いというのが、段畑の石積の第一印象だった。
ここ沖家室でも石積をゲシと呼ぶそうだが、多くは山に戻りつつある。

先人達が築いた段畑を見せたい。埋もれさせるのはもったいない。
覆う草を抜き払った一人のお爺さんのおかげで見られた石積が眩しい。

発掘に似た作業は未だほんの一部だが、少しずつ広げたいという。
お爺さんを囲む仲間の輪から、頼もしい言葉が聞けたのが嬉しかった。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

アドセンス

アドセンス

-沖家室島
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

人口

広い周防大島をひた走り浦々を抜け、沖家室島を示す橋に辿り着いた。 沖家室大橋の道幅の狭さに驚くが、生活道なのだと思い直す。 島内は住む人よりも他所から来た釣り人の方が多く目に入る。 連休中に訪れたとは …

島の記憶 227 ー沖家室島・本浦ー

一本釣りで栄えた漁村がある事で有名な島の、波止という波止に行楽の釣り人が並んでいる。 漁師が600人もいたのは昔話だが、本職を前にして釣り糸を垂れる絵が面白く思えた。 NAWATA ◎島プロジェクト …

検索

◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。
Since 2009 / Copyright & Photograph by Shima Project member / All Raight Reserved.