沖家室島

気概

石が細かくて色が濃いというのが、段畑の石積の第一印象だった。
ここ沖家室でも石積をゲシと呼ぶそうだが、多くは山に戻りつつある。

先人達が築いた段畑を見せたい。埋もれさせるのはもったいない。
覆う草を抜き払った一人のお爺さんのおかげで見られた石積が眩しい。

発掘に似た作業は未だほんの一部だが、少しずつ広げたいという。
お爺さんを囲む仲間の輪から、頼もしい言葉が聞けたのが嬉しかった。

NAWATA

◎Shima Project Web. → https://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → https://www.facebook.com/shimaproject



関連記事

  1. 沖家室島

    人口

    広い周防大島をひた走り浦々を抜け、沖家室島を示す橋に辿り着いた…

  2. 沖家室島

    島の記憶 227 ー沖家室島・本浦ー

    一本釣りで栄えた漁村がある事で有名な島の、波止という波止に行楽…

  3. 沖家室島

    島の記憶 267 ー沖家室島・本浦ー

    参勤交代の大名や朝鮮信使の宿舎の役割も果たし、海の本陣とも言わ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 佐木島

    井戸
  2. 岡村島

    島の小さな消防車 2
  3. 浮島

    島の記憶 323 ー浮島・樽見ー
  4. 柱島

    荷物
  5. 阿多田島

    島の記憶 174 ー阿多田島ー
PAGE TOP