豊島

事情

午後の港で干潮時を利用して漁船の手入れをする風景を眺める。
海が遠くなった頃に通りかかると船底が綺麗になっていた。

掃除をしないと底に付着した貝が抵抗となり船の速度が落ちる。
燃費が悪くなるので月一回は、この作業をしているという。

近年は思うように水揚げがないから、燃料代には気を遣う。
もうすぐ引退じゃと船主のおじいさんは寂しそうに語っていた。

NAWATA

◎Shima Project Web.  → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 豊島

    島の記憶 293 ー豊島・内浦ー

    内浦の集落は漁業中心の小野浦と違い、路地や軒先にも少し余裕があ…

  2. 豊島

    斎島へ

    豊島港から高速艇で25分の離島『斎島』(いつきしま)。アビ漁が…

  3. 豊島

    天草

    港の隅に心太(ところてん)や寒天の原料となる天草を干す風景。…

  4. 豊島

    島の記憶 59 ー豊島・小野浦ー

    駕篭でもなければ大型犬の小屋でもない。傍らの日向に強面の漁師の…

  5. 豊島

    毎年この時期になると、思い描いた路を辿れただろうかと、今年描い…

  6. 島食・島土産

    豊島の特産品

    豊島港で売られていた特産品を3点ほど購入。お勧めは「とよし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 能美島

    島の記憶 173 ー能美島・大附ー
  2. 厳島

    反映
  3. 因島

    矛盾
  4. 大津島

    島の記憶 24 ー大津島ー
  5. 豊島

    豊浜
PAGE TOP