能美島

  1. 島の記憶 333 ー能美島・美能ー

    身体にまとわりつくような熱気を海辺の風が洗い流す。海に両脚を浸けてしばし涼をとった。そんな島巡りが気軽にできなくなった今夏。気候も社会問題も異例の事…

  2. 島の記憶 317 ー能美島・岸根鼻ー

    大型連休前から咲始めるツツジは、初夏に向う気温も手伝い気分を高揚させてくれる。今年はどこか寂しく見えるが、咲誇る姿は人々に何かを伝えているような気が…

  3. 島の記憶 315 ー能美島・深江ー

    旧道らしき道を進むと古い商店が目に入った。春の陽を浴びた立派な外観に見入ってしまう。在りし日と言っては失礼かもしれないが、店頭が来客で賑わう光景を見…

  4. 島の記憶 313 ー能美島・三吉ー

    感染症感染拡大が止まらない。見えない物に怯える日々に、東日本大震災後の春を思い出す。移動を控えて島での花見は断念。ここは嘆かず、来春も咲く島の桜に思…

  5. 島の記憶 287 ー能美島・美能ー

    静かな港にたこつぼを削る音が響く。海岸線を利用した壷漁は今も盛んなのだろうか。豊漁を願ってか漁の終わりを労ってか、付着物を落とす作業が途切れること無…

  6. 島の記憶 279 ー能美島・畑漁港ー

    今年の半夏生は7月2日だった。この日にタコを食べるのは、関西地方の風習だという。雑節に豊作を願って食べるタコ。異常気象が当たり前の近年、豊作とともに…

  7. 島の記憶 263 ー能美島・三吉ー

    青空でないことが残念ながらも春らしい空の下。再会の時は満開でと見込んで訪れた。通り掛かりのお爺さんの昔話に耳を傾けた思い出もできた。今年もこの桜に会…

  8. 島の記憶 261 ー能美島・三吉ー

    小さな漁港の傍らに山のように積まれた孟宗竹が、カキ筏に組まれるのを待っていた。筏となった竹は、やがて沖へ運ばれてカキを育み、瀬戸内海に欠かせない風景…

  9. 島の記憶 243 ー能美島・柿浦ー

    閉店してしまったような外観の文具店。看板には子供の頃を思い出すマークや商品名が並ぶ。近くにある小学校の2018年現在の在校生は23名。もう商いは成り…

  10. 島の記憶 219 ー能美島・三吉ー

    春になると桜が点々と現れる山がある。フェリーの上から見定めた島の桜を探しに向かった。見つけたのは畑が広がる急斜面の上。人混みとは縁のない静かな花見を…

最近の記事

  1. 大崎下島

    ももの世界
  2. 能美島

    早瀬
  3. 山口県の島々

    島おこし隊員
  4. 生名島

    続々・立石山からの眺望
  5. 浮島

    島の記憶 135 ー浮島・樽見ー
PAGE TOP