安芸・備後灘エリア

  1. 島の記憶 242 ー佐木島・佐木地区ー

    島のお年寄りに楽しんで欲しいと、敬老会に出す演目を真剣に稽古されていた婦人会のみなさん。敬老の日が近づくと思い出すその光景は、佐木島を巡り、島民の気風を…

  2. 豊町七夕納涼祭の花火

    第35回 豊町七夕納涼祭

    豪雨災害が起きて以降、各地で花火大会が中止された。致し方ないと理解しつつも、「こういう時だからこそ。」という思いが常にあった。そんな中、大崎下島…

  3. 島の記憶 231 ー情島ー

    人口が10人に満たない小さな島に立ち、町と人を抱え橋で本土と繋がった大きな島を眺める。開放感の心地良さに深呼吸し、道端で朽ちた選挙掲示板を見て僅かな…

  4. 土産

    とびしま海道を巡る時、都合がつけば立ち寄る場所がある。道路に面した倉庫の一角に店があり、柑橘のジュースを飲むのが決まりだ。この日は詰め放題に…

  5. 大崎下島の大長地区

    島の記憶 216 ー大崎下島・大長ー

    11月からの4ヶ月間、久比を拠点に猟師10人が狩りをする。そう聞いたのは一昨年前の秋のこと。収穫時期に合わせてのことだろう。こだまする銃声に、島嶼部で深…

  6. 島の記憶 213 ー大崎下島・沖友ー

    海沿いの道から外れて、集落の入口とも言える場所に歴史が刻まれたような壁がある。触れてみたくなるような壁板に打ち付けられた言葉。立ち止まって一つ一つを…

  7. 上蒲刈島の大浦港

    島の記憶 212 ー上蒲刈島・大浦港ー

    大浦の漁師が狙うのは鯛。夏は黒イカにみせた毛糸、冬はえびをエサに一本釣りする。一本釣りは高値がつく印象だが、相場はこの10年で半分以下。もはや道楽だと本…

  8. 島の記憶 211 ー上蒲刈島・大浦ー

    港から歩いて来た道で民家が途切れる辺りに祠があった。町誌には荒神を祀っているとある。周辺に土地を持つ家が世話をするとも記してあり、伝統を余所者ながら…

  9. 漁船

    豊島の漁船は美しい。中でも舳先に屋根付き倉庫が備わる船は別格。それは恐らく家船であり、泊まりがけで県外出漁する船。豊島における遠海漁業の歴史…

  10. 大長みかんの菊みかん

    菊みかん

    柑橘農家の間では、表面に凹凸があるみかんを『菊みかん』と呼ぶ。ヘタの反対側が菊の花のように見えることが由来だそうだ。日照りが続き、時折、恵みの雨…

最近の記事

  1. 鹿島大橋
PAGE TOP