上蒲刈島

  1. 島の記憶 385 ー上蒲刈島ー

    のんびり過ごした島での一日が終わると、現実に引き戻されるのか家路は少し急ぎ足になる。車窓から秋桜を見つけて一時停止。盛りは過ぎていたが、おかげで気持…

  2. 島の記憶 357 ー上蒲刈島・県民の浜ー

    わずかに石積みが残る斜面に咲く河津桜。そこへ虫や鳥、春の風景を求める人が集う。四方八方から様々なカメラが満開の花に向けられている。その輪に僅かな時間…

  3. 島の記憶 311 ー上蒲刈島・大浦ー

    島の中で探す物の一つに係船柱がある。画一的な物よりも、手彫り感のある物が好み。昔からそこにある物、移動してきた物、欠けた物等。眺めながら過去を想像す…

  4. 島の記憶 309  ー上蒲刈島・宮盛ー

    沖へ突き出す波止は歩きたくなるもの。晴天下で先客もいなければ気持ち良さは格別。島を歩けば灯台は珍しい物ではないが、これはモザイクタイル張りの外観で強…

  5. 島の記憶 273 ー上蒲刈島・宮盛ー

    昔は小さな造船所が並んでいたという港の一角に、それを思わせる風景が残っている。作業中に見える漁船だが数年このままの状態。ここもやがては消えてしまう風…

  6. 上蒲刈島の大浦港

    島の記憶 212 ー上蒲刈島・大浦港ー

    大浦の漁師が狙うのは鯛。夏は黒イカにみせた毛糸、冬はえびをエサに一本釣りする。一本釣りは高値がつく印象だが、相場はこの10年で半分以下。もはや道楽だ…

  7. 島の記憶 211 ー上蒲刈島・大浦ー

    港から歩いて来た道で民家が途切れる辺りに祠があった。町誌には荒神を祀っているとある。周辺に土地を持つ家が世話をするとも記してあり、伝統を余所者ながら…

  8. 島の記憶 203 ー上蒲刈島・向ー

    一人また一人と釣り人が竿を納めて帰ってゆくのを見送り、誰もいなくなった波止を歩いた。ぼんやりとだった常夜灯が明るさを増し、静寂に包まれるような心地良…

  9. 島の記憶 197 ー上蒲刈島・大浦ー

    海上交通が主な島では陸上交通が未発達だったが、道路の整備が進み移動は船からクルマへ。道路拡幅工事で川幅は狭まり、川面を埋めていた農船は徐々にその姿を…

  10. 上蒲刈島大浦港のアナゴ用網カゴ

    島の記憶 188 ー上蒲刈島・大浦ー

    数年前まで使っていたアナゴ漁の仕掛け網カゴ。他の魚も入るため、いまは使用禁止に。漁師といえば自由奔放なイメージだが、資源を分かち合うためのルールが実は多…

最近の記事

  1. 斎島

    迫る
  2. 大崎下島

    島の記憶 57 ー大崎下島・沖友ー
  3. 大崎下島

    島の記憶 201 ー大崎下島・立花ー
  4. 未分類

    送火
  5. 岩城島

    未知
PAGE TOP