因島

  1. 観光マップ

    しまなみ海道・とびしま海道ともに、本当に多くのサイクリストを見かける様になった。標識や休憩所なども増え、軒先には無料で使える空気入れを用意している店もあるほ…

  2. 島の記憶 65 ー因島・鏡浦ー

    鳥居の額束には御手洗神社とあるが、名称は厳島神社。境内には小さな鳥居が立つ。謎が多い今の姿は、島の人々の思いが積重なり完成したものだろう。その歴史が…

  3. 恋愛成就の名所『地蔵鼻』

    因島の観光名所のひとつ地蔵鼻は、悲運の恋物語とそこから生まれたご利益が有名。「 恋愛成就・子授け・安産 」を願う女性は傍の小石を持ち帰り、願いが叶え…

  4. 因島公園の夕景

    先日、因島出身という方と話をする機会がありました。その日は夕焼けが美しかったので、「因島公園の眺望も美しいですよね。」と投げかけると、子供の頃に登っ…

  5. 夏の終わり

    気をつけて遊ぶんよー。との呼びかけに、はーい♪と、子供達の楽しそうに弾んだ声が返ってくる。因島の重井町で見かけた酷暑の中の光景だ。「来てうれしや…

  6. バス停の椅子

    路線バスが通っている島では、バス停のそばにベンチではなく、手作りの椅子やパイプ椅子が置かれている光景をよく目にしますが、ソファーが置かれていたのは因…

  7. つながり

    先日、瀬戸内しま博覧会(仮称)の概要が新聞発表されていましたね。名称を『 瀬戸内しまのわ 2014 』とし、開催日も2014年3月16日~10月26日と…

  8. 因島観光物産展

    写真は、因島公園から見下ろした土生町。赤・青・黄に、緑や茶色、いろんな色の屋根があるもんだなぁ〜と、感心しながら撮影したのを覚えています。ここ因…

  9. 信仰

    五百羅漢とは尊敬されるべき仏の500人の弟子という意味らしい。悟りを得て信仰されるまでになったからには、悩み事もないのだろうか。忘れてしまい…

  10. 矛盾

    自然がなければ生きてゆけないのに、自らの快適さを優先させるのが当然。化学物質で身を固め、科学技術で驚異を捩じ伏せ世界を広げてきた。研究・開発…

最近の記事

  1. 鹿島大橋
PAGE TOP