山口県の島々

  1. 島の記憶 442 ー柱島・賀茂神社ー

    招代(おぎしろ)で彩られた参道を抜け石段の先に見えた拝殿。木々の合間をぬって溢れた秋の陽と、それを帯びた立派な神額が足取りを一層軽くした。N…

  2. 島の記憶 440 ー柱島・来見地区ー

    高速艇を降りてすぐ、柱島で最も人口が多く、旅館の多さも目に留まった来見地区。忽那七島水軍の勢力下だった頃に、ここで往来する船の見張りを行っていたこと…

  3. 島の記憶 438 ー柱島・松田ー

    事前調査では4つの集落に分かれていると思っていた柱島。島の方の話では実は6つあるという。大きくは来見と牧の2つの地区に分かれ、その中に3つずつ集落が…

  4. 島の記憶 419 ー沖家室島・洲崎ー

    ここに何が干されていたのか。訪れたのは五月初頭、いりこにはまだ早いので天草かと想像。夕方の港は人気もなく未確認だが、島の生活に僅かに触れられたような…

  5. 島の記憶 417 ー周防大島・安下庄ー

    閉店した店の看板にあったみかんコケシの文字。調べてみると他の土地にも存在したようだ。肝心の大島の物は見つからないまま。土産物として存在し続けていれば…

  6. 島の記憶 415 ー周防大島・伊保田ー

    日没間近の集落から西の空が広い場所へ。小さな山を越える緩やかな坂の先は別世界だった。目に映る全ての物が夕日に染まる。童謡夕日の歌詞そのままと感じた光…

  7. 島の記憶 410 ー大津島・刈尾ー

    2009年にスタートした協力隊。その存在を知ったのが島巡りで訪れた大津島だった。協力隊によって島外へのPRが増え、様々な取り組みで地域のエネルギー源…

  8. 島の記憶 387 ー柱島ー

    石積みの波止を見つけるとまず撮影、そして歩いてみる。今の物に無い起伏も味わいの一つ。港から離れているせいか補修は最小限。係船柱の多さにこの波止の盛衰…

  9. 島の記憶 386 ー浮島・江ノ浦港ー

    樽見でフェリーを降り、楽ノ江・江ノ浦とめぐった浮島の島旅。最後に立ち寄った港では、最終便を待つわずかな間ながら、ゆったりと進む島の夕暮れを堪能した。…

  10. 島の記憶 382 ー浮島・樽見港ー

    4隻が1組となって行われる浮島のイワシ網漁。クレーン車のような印象的なフォルムが網船だ。2隻の船で円を描くように網を広げて収穫する2艘曳き網漁で、朝…

最近の記事

  1. 下蒲刈島

    環境
  2. 生名島

    看板。
  3. 情島の風景

    情島

    先祖の土地
  4. 田島

    島の記憶 252 ー田島・南地区ー
  5. 小大下島

    島の記憶 132 ー小大下島・石窯跡ー
PAGE TOP