フェリー・旅客船

  1. 島の記憶 239 ー宇品港ー

    2018年宮島水中花火大会は中止。豪雨災害の影響で交通手段が十分に確保できないのが理由。大会日は瀬戸内各所から見物のフェリーが集い賑わうが、今年はそ…

  2. 国鉄

    2代目ななうら丸が11月7日を最後に運航を終了した。宮島航路に就航したのは1987年。老朽化が引退の理由だという。分割民営化の直前に建造され…

  3. 移動

    高さや方向を変えて景色を楽しめるフェリーは、海に浮かぶ展望台のように思える。出航するまでは客室内にいても、大半はデッキに出て過ごす事が多い。…

  4. 出張

    能美島へ向かう途中、似島沖で見慣れぬフェリーと行き違う。正体は土生商船に籍を置き、三原港・佐木島鷺港・因島重井港を結ぶ第二かんおん。調べると…

  5. 波及

    読書週間は『読書の力によって平和な文化国家を作ろう』という趣旨で戦後から始まった。翌年から文化の日の前後2週間という期間が定められ、全国に広がってゆ…

  6. 惜別

    江田島市の所有する『ドリームのうみ』が、再び働く場所を失い売却が決まった。震災で船を失った気仙沼市の離島航路で約1年間働き、帰郷して2年半での転籍と…

  7. 3.21

    広島・愛媛両県の島嶼部、臨海部で開催される『瀬戸内しまのわ2014』が始まった。島々の魅力、地域の魅力を活かした300以上のイベントを春から秋にかけ…

  8. 明暗

    30年前に撮られた広島湾の映像を見た。きらきらと眩しい海を行き来する単頭船のフェリー。画面の隅に海面から突き出た竹と、波に揺られる網。のりひびらしい…

  9. 晩秋

    間合い無く、いきなり。今年の四季の移り変わりには、あまり情緒を感じることがなかった。紅葉を楽しむ余裕もなく、彩りを見上げる前に落ちた枯葉を踏むことに…

  10. 遊覧

    『宮島ライトアップ しまあかりクルーズ』が、9月29日までの土日祝日に運航されている。グランドプリンスホテル広島前から、宮島の大鳥居前までを往復する…

最近の記事

  1. 鹿島大橋
PAGE TOP