岡村島

  1. 島の記憶 217 ー岡村島ー

    板壁と土壁とそれを補うトタンの波板や鋼板等が、いぶし銀の重々しい瓦屋根を支えていた。集落の壁や屋根を見るのが楽しい岡村島は今治市。瓦はやはり菊間の物…

  2. 御手洗瀬戸

    島の記憶 214 ー御手洗瀬戸ー

    古くは海上交通・交易の要所として。近年ではみかんを積んだ農船が、積み荷と共に多くの活気をもたらしていた海峡も、いまは穏やかに朝が明けてゆく。Na…

  3. 岡村港に入港したフェリーみしま

    島の記憶 208 ー岡村島ー

    ナガタニ展望台へ行く道すがら箱庭のような光景に出会う。岡村港に入港したフェリーみしまが、なんとも愛らしく感じる。Nakagawa▼岡村島…

  4. 岡村島みかんの苗木

    島の記憶 200 ー岡村島ー

    戦後、爆発的に増えた柑橘類の品種。一体何種類の柑橘類が存在するのだろうか。はるか、あすみ、紅まどんな、日南一号・・・。名前をつけるのも、覚えるのも大変そ…

  5. 島の記憶 164 ー岡村島ー

    年明けから春先までに収穫する柑橘類を『晩柑』とよぶ。その多くは戦後に品種改良されたもの。この時期にみかける収穫風景は、戦後の柑橘農家がつくった試行錯…

  6. 島の記憶 162 ー岡村島ー

    集落と瀬戸内海が一望できる島の方に教えて貰ったビューポイント。軽以外の車で行くのは躊躇う道幅だが、そこから眺める朝日はとても見応えがあった。…

  7. 島の記憶 158 ー岡村島ー

    防護柵に空き缶は、よく目にする光景。効果を聞くに、害鳥対策というよりオブジェの感覚。種類や飾り方に個性があり、農家さんの人となりを推測しながら歩くの…

  8. 島の記憶 121 ー岡村島・観音崎ー

    好天に恵まれた岡村島での一日。後半は窮屈となり、日没と競るようにして観音崎を訪れた。最後の陽射しに映える梅の花。淡い香りが冷えゆく空気に滲むように広…

  9. 島の記憶 116 ー岡村島・岡村港ー

    大三島へと洋上をゆったり進むフェリーみしま。それに主人が乗船しているのだろうか?岡村港の一角で、まるで見送るかの様に並ぶ姿が印象的だった。Nakagawa…

  10. 島の記憶 114 ー岡村島・岡村港ー

    早朝の岡村港から出漁した漁船の先に見えるのは1999年に開通した来島海峡大橋。瀬戸内海を横切るこうした雄大な橋のシルエットは、いまや瀬戸内を感じさせる象徴の…

最近の記事

  1. 鹿島大橋
PAGE TOP