ShimaPro BLOG

ShimaProject 〜残したい島の記憶〜

「 大崎下島 」 一覧

島の記憶 201 ー大崎下島・立花ー

島外から来た釣り人で賑わう港周辺。それとは違い山に囲まれた小さな集落はとても静かだ。 その空気を壊さぬよう懐かしい風景を求めて歩き、夕暮れの中で出会うことができた。 NAWATA ◎島プロジェクト → …

山林

江戸時代の山林管理は、官民で分つ現代とあまり変わりは無い。 藩の材木を賄う御留山と個人分割所有の腰林、そして入会地の野山。 御手洗の火災復興に藩は、大長村の中ノ島の木を使うようにと指示。 村は御手洗か …

大崎下島・御手洗の軒先に花を飾る活動

島の記憶 190 ー大崎下島・御手洗ー

さくら部という女性有志によって行なわれている軒先に花を飾る活動。 町並みに彩りを添える細やかな気遣いからは、御手洗という土地への愛情が伝わってくる。 Nakagawa ◎Shima Project W …

黄幡

2017/03/16   -大崎下島
 ,

集落の境界や中心、道の辻などに祀られる黄幡神。 段畑のゲシを背負って佇む祠の木札がそれと教えてくれた。 謂れは複雑な神様だが、道祖神のような信仰もあるという。 遷座がなければ、ここはかつての境界なのだ …

沖友

2017/02/16   -大崎下島
 ,

集荷所の脇に立派な椅子が並び、作業着のお爺さんが二人腰掛けている。 話しかけてみようと心の準備に周辺を回って戻ると姿が消えていた。 アメリカ製の動力選果機をいち早く導入したのが沖友の組合という。 手作 …

北堀

2017/02/02   -大崎下島
 , ,

1981年公開の『男はつらいよ 浪速の恋の寅次郎』に、大長の風景が登場。 北堀を背景に寅さんがワンピースを啖呵売する場面がある。 見比べてみると撮影時の建物が現在でも残っていたりする。 一方では雁木と …

島の記憶 163 ー大崎下島・沖友ー

柑橘農家は剪定して出るみかんの枝や幹を集めて薪にしたと、何かの本で読んだ記憶がある。 島を歩いて実際にその風景を目にした時、何とも言えぬ心地良さが胸に湧き上がった。 NAWATA ◎島プロジェクト → …

島の記憶 103 ー大崎下島・大長ー

昭和59年の本に記載されていた大長への行き方では、フェリー・高速船・水中翼船が選べる。 手段がクルマへ変わり、人の動きは緩やかになったのか。長閑な空気が流れていた。 NAWATA ◎島プロジェクト → …

視野

2015/07/30   -大崎下島
 ,

史書でイノシシやシカに田畑が荒らされていたという、江戸時代の被害報告を読んだ。 その書面が広島藩の預かる島嶼部からの物であったから興味深い。 豊田郡の役所宛に出された現大崎下島の大長・久比・大浜と豊島 …

島の記憶 85 ー大崎下島・大浜ー

輸入自由化など知らない幼い頃、レモンは外国から届く果物だと思い込んでいた。 自由化前の大浜にレモン長者がいたという。国産レモンを取り巻く環境の変化には驚くばかり。 NAWATA ◎島プロジェクト → …

検索

◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。
Since 2009 / Copyright & Photograph by Shima Project member / All Raight Reserved.