能美島

戦場

投稿日:2016年9月29日 更新日:

江田島と能美島に挟まれた江田島湾。その要の部分に飛渡瀬という土地がある。
終戦間近の頃、この狭い海に浮砲台となった軽巡洋艦大淀の姿があった。

燃料枯渇の中で苦肉の策。やがて米軍機に発見され迎撃も虚しく艦を横たえる。
浅瀬であった為に戦後浮揚作業され、生まれ故郷呉の船渠で解体された。

慰霊碑を訪ね戦没者碑誌を読むと、飛渡瀬住民による救出活動も記されていた。
集落も近いこの空間が270余名の戦死者を出した戦場であった事に驚く。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

アドセンス

アドセンス

-能美島
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

発展

小古江(おぶれ)にある塩竈明神社前から眺める大原湾。 深く湾入した複雑な海岸線は新田や塩浜で徐々に埋められてきた。 神社の名称を思えば、この近くに塩浜があったのだろう。 近年の埋立てで直線的になってい …

島の記憶 193 ー能美島・岡大王ー

小さな案内板を頼りに反るような坂を登ると、一本で鎮守の森を成している巨木の楠がある。 足元の岡の宮黄幡社再建に枝を提供したという楠。その樹勢に神々しいものを感じた。 NAWATA ◎島プロジェクト → …

島の記憶 173 ー能美島・大附ー

大原湾の入口にある金比羅神社。錆びた笠を被る枯れた幹が境内で奇妙な風景を作っていた。 切株の上に載る幹は何なのか。説明も無かったが大切にされている事は伝わってくる。 NAWATA ◎島プロジェクト → …

美能

江戸時代中頃、塩田を開拓した際に潮止め堤を築き、それを強化する為に松を植えた。 松は集落を守る防風林となるまでに育ち、美能の松原と呼ばれ親しまれたという。 戦前の僅かな期間、海水浴場にもなった浜は、戦 …

島の記憶 81 ー能美島・美能ー

南へ外港、北に内港を構える美能。外港で会った漁師のお爺さんが、昔ここは浜だったと話す。 変わったよという二の句は、景観と海の豊かさを同時に指しているように思われた。 NAWATA ◎島プロジェクト → …

検索

◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。
Since 2009 / Copyright & Photograph by Shima Project member / All Raight Reserved.