ShimaPro BLOG

ShimaProject 〜残したい島の記憶〜

能美島

美能

投稿日:2015年5月7日 更新日:

江戸時代中頃、塩田を開拓した際に潮止め堤を築き、それを強化する為に松を植えた。
松は集落を守る防風林となるまでに育ち、美能の松原と呼ばれ親しまれたという。

戦前の僅かな期間、海水浴場にもなった浜は、戦後漁港として徐々に整備されてゆく。
一方で松は酸性雨や台風の塩害、松食い虫などの影響で一本残らず消えてしまう。

埋立地にカキ業者の加工場が並び、幾重もの波止を構える大きな漁港となった内美能。
松原跡にある公園で見つけた小さな記念碑が、この地の歴史を静かに語っていた。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

アドセンス

アドセンス

-能美島
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

往還

沖地区の海沿いの道は快適。しかし集落を遠く感じてどこか寂しい。 理由は山腹を通る県道36号線が、かつての主要道路だったから。 県道は江戸時代に往還と呼ばれた道をほぼ踏襲しているという。 上り下り、右へ …

沖浦

沖浦とは戦国時代末から現れる地名で、能美島の西に並ぶ是長・畑・岡・大王一帯の総称。 沖浦四か村、沖村とも呼ばれるが、江戸時代を通して俗称として使われた続けた。 明治の頃にまず岡と大王が合併され岡大王に …

島の記憶 189 ー能美島・柿浦ー

広い港の一角に組まれた盆踊りの櫓。訪れたのは本番を直前に控え準備万端という時だった。 昔の海岸線を示す防潮壁が内陸側に多く残る港。発展ぶりに先祖は驚いているだろう。 NAWATA ◎Shima Pro …

高祖

能美島行きフェリーが着く三高港の三高(みたか)は旧村名。 この村名は三吉(みよし)と高祖(こうそ)という地名を合わせてできたものだ。 貴船神社は高祖の道沿いにあるが、昔は三吉より海岸伝いに浜を歩いて参 …

島の記憶 51 ー能美島・三高ー

何度か来た事がある三高港。利用しただけの記憶は曖昧で、見る物全てが新鮮に感じられた。 それなのにどこか懐かしい。島で味わう不思議な感覚がここにもあった。 NAWATA ◎島プロジェクト → http: …

検索

◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。
Since 2009 / Copyright & Photograph by Shima Project member / All Raight Reserved.