大崎下島

沖友の櫂伝馬

投稿日:2014年9月17日 更新日:



大崎下島・沖友に残る2杯の櫂伝馬を見せてもらった事がある。
軽自動車で連れて行ってもらった艇庫には2杯の櫂伝馬が眠っていたが、
昔は3杯の櫂伝馬があったそうで、しばしその話を聞かせてもらった。
3杯の櫂伝馬の名前は「おきつかぜ・かみかぜ・はまつかぜ」。
その昔、近海の並みいる櫂伝馬が参加したというレース
「永野杯(当時の広島県知事だった永野嚴雄の名前を冠したレース)」において、
本命の大崎上島の櫂伝馬を抑えて優勝したのが、写真上段に眠る「おきつかぜ」だそうだ。
海面が少々荒れていても平気な造りで長距離向き。
そんな沖友の櫂伝馬の特徴が、レース条件にちょうど合ったのだろう。と話してくれた。
かつての輝かしい実績は、いまの外観からは想像だにできないが、
少し誇らしげに話してくれたその目には、かつての勇壮さが浮かんでいるようだった。
Nakagawa
櫂伝馬が見られる秋の島祭り
◎室原神社秋季大祭(広島県豊島) 9月20日(土)・21(日)
◎日高庄八幡宮秋祭り(広島県上蒲刈島) 10月19日(日) 
◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/

アドセンス

アドセンス

-大崎下島

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

島の記憶 57 ー大崎下島・沖友ー

とびしま海道を走り回った一日。日没も過ぎて予定を終える頃、音も無く雨が降ってきた。 人通りの途絶えた道に家々の明かりが落ちる。島にいると忘れていた夜の入口がよく分かる。 NAWATA ◎『卓上カレンダ …

島の記憶 201 ー大崎下島・立花ー

島外から来た釣り人で賑わう港周辺。それとは違い山に囲まれた小さな集落はとても静かだ。 その空気を壊さぬよう懐かしい風景を求めて歩き、夕暮れの中で出会うことができた。 NAWATA ◎島プロジェクト → …

大長みかんの菊みかん

菊みかん

柑橘農家の間では、表面に凹凸があるみかんを『菊みかん』と呼ぶ。 ヘタの反対側が菊の花のように見えることが由来だそうだ。 日照りが続き、時折、恵みの雨が降る。そんな天候が繰り返されることで出来る偶然の産 …

北堀

1981年公開の『男はつらいよ 浪速の恋の寅次郎』に、大長の風景が登場。 北堀を背景に寅さんがワンピースを啖呵売する場面がある。 見比べてみると撮影時の建物が現在でも残っていたりする。 一方では雁木と …

面影

瀬戸内で作られていた蜜柑の最盛期の表現に、耕して天に至るという言葉がある。 麓から石を持って上がり、石積みで補強しながら、斜面を畑に開いてゆく途方も無い作業。 島内に開く場所がなくなると、島外に求めて …

検索

◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。
Since 2009 / Copyright & Photograph by Shima Project member / All Raight Reserved.