大崎下島

島の記憶 213 ー大崎下島・沖友ー

投稿日:2018年2月12日 更新日:

海沿いの道から外れて、集落の入口とも言える場所に歴史が刻まれたような壁がある。
触れてみたくなるような壁板に打ち付けられた言葉。立ち止まって一つ一つを丁寧に拾った。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/



アドセンス

アドセンス

-大崎下島
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

宇津神社の櫓祭り

写真は大崎下島・大長地区に鎮座する宇津神社。 詳しい創建年数は定かではないが、一説に寄ると2100年以上前とも言われており、 災難除け海難除けの神様として古くから崇敬を集めている神社です。 その宇津神 …

視野

史書でイノシシやシカに田畑が荒らされていたという、江戸時代の被害報告を読んだ。 その書面が広島藩の預かる島嶼部からの物であったから興味深い。 豊田郡の役所宛に出された現大崎下島の大長・久比・大浜と豊島 …

職人芸

年季の入ったトタンに据えられた色あせた看板。大長に残る職人芸のひとつだ。 いまでは機械を使い誰でも作れるような看板も昔は専門の職人がおり、 一枚一枚、一文字一文字がまさに職人芸だった。 渡されたデザイ …

みかんの道

傾斜地の畑から収穫したみかんを運び出すには、背負うか天秤棒を担いで山を下るしかなかった中、 みかんの簡易索道は画期的な運搬方法として四国宇和島で生まれ広まったらしい。 モノレールや農道の整備が進みトラ …

こまんたれぶー

皆さん、「こまんたれぶー」。 我が家ではすっかりブームとなって、この言葉が呪文の様に飛び交ってますが、 もう観られましたでしょうか? オランジーナの新しいCM。 奇麗なオランジーナ先生に劣らぬ美しさで …

検索

◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。
Since 2009 / Copyright & Photograph by Shima Project member / All Raight Reserved.