ShimaPro BLOG

ShimaProject 〜残したい島の記憶〜

大崎下島

菊みかん

投稿日:

大長みかんの菊みかん
柑橘農家の間では、表面に凹凸があるみかんを『菊みかん』と呼ぶ。
ヘタの反対側が菊の花のように見えることが由来だそうだ。

日照りが続き、時折、恵みの雨が降る。そんな天候が繰り返されることで出来る偶然の産物。
同じ木であっても全てそうなるわけではないことから、幻のみかんとも言われている。

味は濃厚で、旨味がギュっと詰まった感じ。初めて食した時の驚きは今も忘れない。
今年も届いた季節のお便りの中には、そんな菊の花を咲かしたみかんが沢山入っていた。

Nakagawa

中谷さんが育てたみかんはお電話でご注文できます。
◎中谷柑橘農園さん Tel 0823-66-3930
【 5kg 3,500円 / 10kg 5,000円 】※送料込み

◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → http://www.facebook.com/shimaproject



アドセンス

アドセンス

-大崎下島
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

夕陽を浴びて

大崎下島久比港西の船溜まり。 朝から働いた船が夕陽を浴び、静かに一日の終わりを待っているかのようだった。 終業後に外が明るいと、開放感を後押しされるようで嬉しい。 具体的な方法があるわけでもないが、傾 …

春よ来い。

春よ来い。早く来い。歩き始めたみいちゃんが、 赤い鼻緒のじょじょ履いて、おんもへ出たいと待っている。 誰もが知っている童謡『春よ来い』の歌詞ですが・・・と続けたい所なんですが、 最近の子供達は聞いた事 …

季節の贈り物

今年も中谷柑橘農園さんから、たくさんの蜜柑を頂きました。 害鳥や害獣だけでなく、今年は日照不足や長雨などにも難儀されたことでしょう。 美味しいだけではなく、安心して食べられる蜜柑づくりに勤しまれている …

海辺

一気に夏が来たようで、猛暑日、真夏日、熱帯夜と暑い日が続いている。 海辺で過ごしたくなる季節がやってきた。島へ渡れば開放感も手伝い、気持良く過ごせそうだ。 熱中症対策、予防喚起はあっても、何故か今年は …

島の記憶 85 ー大崎下島・大浜ー

輸入自由化など知らない幼い頃、レモンは外国から届く果物だと思い込んでいた。 自由化前の大浜にレモン長者がいたという。国産レモンを取り巻く環境の変化には驚くばかり。 NAWATA ◎島プロジェクト → …

検索

◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。
Since 2009 / Copyright & Photograph by Shima Project member / All Raight Reserved.