ShimaPro BLOG

ShimaProject 〜残したい島の記憶〜

大崎上島

灯台記念日

投稿日:

中ノ鼻灯台
日本最初の洋式灯台である観音埼灯台が起工したのが、1868年11月。
それに因んで設けられたのが、11月1日の灯台の日だ。

毎年10月下旬から11月上旬にかけて、全国各地で灯台内部の一般公開やその他イベントが開催。
瀬戸内海では、広島市元宇品の宇品灯台。大崎上島の中ノ鼻灯台が公開される。
どちらも公開日は11月3日。

ちなみに、中ノ鼻灯台はホテル清風館、木江がすぐ近く。
温泉・古い町並み散策、そして、この時期だとみかん狩りも楽しめる。
灯台見学とともに、秋の大崎上島が存分に堪能できそうだ。

Nakagawa

▼灯台記念日のイベント情報はコチラ
http://www.kaiho.mlit.go.jp/soshiki/koutsuu/lighthouse-anniversary.html

◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → http://www.facebook.com/shimaproject



アドセンス

アドセンス

-大崎上島
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

一点

島で旧いポストをよく見かける。消えゆく物なので撮るのだが残念なことがある。 決まってJPのステッカーが貼ってあること。旧式ですが使えますという証しなのだろうけれど。 旧式で事が足り、景観に合うから設置 …

境目

県境で切り落とされた地図が天気予報の画面上に表示されたりする。 島々に興味のある一人としては、見る度に残念な感じがしてしまう。 すぐ隣の島が記載されていないような、関係性が断ち切られた地図。 意図が理 …

海と島の歴史資料館

保存改修され資料館として公開されている望月邸は、 回船問屋として財を成した大崎上島の豪商 望月東乃助が明治8年に建てた邸宅で、 大崎上島の歴史・文化・観光情報と望月家ゆかりの品々が展示されています。 …

新開

秋の空を映した原田川の河口。水面が穏やかで堀のように見えた。 様々な住宅が建ち並んで見えている場所は、かつて浜尻新開と呼ばれていた土地。 新開とは堤防で遠浅の海や干潟を仕切り、水を抜いて干上がらせ陸地 …

伝統

大崎上島にある『海と島の歴史資料館』に、伝統行事『櫂伝馬競漕』の歴史が展示されている。 写真は同島の浦の名前などが記された櫂。水主(かこ)は方舷に7人ずつ、一艘は14丁で進む。 全国に存在する櫂伝馬船 …

検索

◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。
Since 2009 / Copyright & Photograph by Shima Project member / All Raight Reserved.